ネットショップを個人で開業するメリットとデメリット

こんにちは。acoです。

ネットショップを開業しようとしても何から初めていいのか、分からないですよね?

そもそも、どうやって自分のショップを作ればいいのか、または大手のショッピングモールへ出店すればいいのか悩むところです。

まずは、実際にネットショップを作る前になぜネットショップを作るのか、ネットショップのメリットなどを考えてみました。

これは私がネットショップを開業する前に実際に何度も確認をしたことです。

実店舗ではなく、なぜネットショップなのか

開業資金の違い

リアル店舗はやはりお金がかかります。実店舗用の物件は、立地条件を考えるとそれなりの場所を借りなくてはなりません。

敷金、礼金、仲介料、保証金、前家賃などの他、店舗として運営するために内装費用や備品なども必要です。一般的に安くても数百万円はかかります。地域や場所によってはかなりの金額が必要となってきます。

ネットショップはどうでしょうか。

ネットショップ開業に必要なのは、在庫の他は、主にはカートシステムの費用、ショップのデザイン費用、広告費用が挙げられます。

インターネットを通してどこへでも販売できる

やはり、ネットショップの一番の利点はこれではないでしょうか。実店舗と違ってインターネットを通して全国どこへでも販売できること。

24時間365日営業できる

実店舗は、一般的には定休日があります。年末年始などの長期休暇があれば売上が左右されてしまうので、どうしても開店しておく必要が出てきます。

ネットショップであれば、問い合わせの対応などは出てきますが、それをコントロールすることが出来れば、24時間365日開店中が実現できます。

従業員を雇わなくても営業できる

売上が伸びてきて多忙になれば、従業員を雇うことも視野に入れたほうがいいですが、当面は一人でも営業できます。

体調不良でも営業できる

実店舗であれば、体調不良の場合でも店舗に立たなくてはなりませんが、ネットショプであれば、お客様の前に出ることはありません。少々体調が悪くても頑張れば受注処理は出来ます。

そもそも低リスクである

ネットショップ開業後、万が一売れない状況が続き、ショップが閉店危機となっても、初期投資の資金がそこまで多くないため、痛手は少ない金額で済みます。

もちろんこれはネットショップと言えど、始めにどの程度のショップにするかによって初期投資資金は変わってきますが、初期投資額が少ないサービスを選んでスタートさせることによって、抑えることは可能です。

私が開業した2010年頃は今と違ってスマホで簡単にネットショップを作れるサービスはありませんでした。ここ数年でネットショップが安く簡単に作れる時代になっています。

ネットショップと言えど簡単には売れない

さて、実店舗に比べて少ない資金で始めることが出来ますが、ネットショップをオープンしたからと言って勝手に売れるわけではありません。

どこで売るか、(大手のショッピングモールなのか自社サイトを作るのか)やどうやって売るかの戦略も考えなくてはなりません。

どこで売るかはまた別の記事にまとめる予定です。

集客のための広告

どうやって売るかを考えるのが、この広告になります。

SNSを利用した集客やSEO対策などが必要となります。

こちらも後ほど別記事でまとめますね。

この集客のための広告が売れるためにはとても重要です。

実物の代わりとなるくらいの写真が必要

これは私がとても重要視していたことです。実店舗と違って商品を手にとって見ることが出来ません。その代わりになるほどの写真が必要になります。

私も、実際に見ることはできませんか?という問い合わせを何度もいただきました。

それくらい、写真が重要になります。

問い合わせの対応

ショップによっては、メール対応のみとしているところもよく見かけますが、トップページに電話番号を載せている方が売上が上がることがデータとして証明されています。

電話番号が見えることで、実際に運営されているんだなという安心感があるのですね。出来ればフリーダイヤル(フリーコールは格安で契約できます)、難しければ通常の電話でOKですので、番号が表示されていることが大事です。

ただ、電話番号を表示するということは、その番号がつながる場所に居なくてはなりません。それが難しければ、電話代行を使うのも方法のひとつです。

梱包と発送

ネットショップ運営で最大のネックはこれだと言う方も多いですね。

取扱商品によっては梱包も簡単で送料が安いですが、大きな商品ですと梱包材や送料もそれなりにかかります。近年では各配送会社の送料が値上がりしています。

実店舗であれば、紙袋で「ありがとうございます!」とお渡し出来るものも箱に入れたり、壊れないように梱包する必要があります。

また、送料を安く抑えるには、配送会社と契約をする必要があります。

このようにネットショップ開業も意外に考えるべきことも多いです。スムーズに運営するにはこれらをひとつひとつクリアしていく必要があります。

関連記事

メルカリの購入後コメントの例文公開します

メルカリがラクマとフリルより売れる理由

メルカリの値下げ希望のコメント例文を公開します

らくらくメルカリ便ってなに?宅急便コンパクトの箱や日数についてもご紹介

メルカリで売れない?値下げ前に気をつけること

メルカリでトラブルになる前にキャンセルする方法(事例あり)