amazon出品 小口と大口の違いまとめ

アマゾン出品といえば、最近では転売などでざわざわ騒がしいですが、中古本や中古の小型家電など、初心者でも売りやすいものはたくさんあります。

まずは、アマゾン販売をやってみたいけど、始めに立ちはだかる、「小口出品」と「大口出品」ってなに?から説明してみたいと思います。

大口出品は月間登録料が4,900円!

何かのサービスを考えた時に一番はじめに考えるのは月額料金だと思います。

Amazonでは、大口出品では月間登録料と呼んでいますが、月額基本料金と同じ意味を持ちます。この月間登録料が大口出品では4,900円がかかります。

小口出品は月間登録料が無料だが、成約料が1品100円!

小口出品の場合には、大口出品でかかる月間登録料4,900円が無料ですが、その代わりに1点売れる毎に100円が成約料として引かれます。

単純にこの違いだけで考えると、月に50点以上売れる可能性があれば、大口出品の方がお得ということになります。

大口出品と小口出品の違いはこれだ!

一番の違いは月間登録料にはありますが、他に大きな違いは大口出品でしか出品が出来ないカテゴリーがあります。こちらもよく確認しましょう。

大口出品 小口出品
月間登録料 4900円 0円
基本成約料(成約商品
​1点につき100円)
無し 100円/点
オリジナル商品の出品 ×
一括出品ツールの利用
×
注文管理レポートの利用
×
出品者独自の配送料金とお届け日時指定の設定
×
購入者へ提供できる決済方法 ・クレジットカード

・Amazonギフト券

・コンビニ決済

・代金引換

・Edy払い

・「Amazonショッピング
カード」

・請求書払い

(Amazonが認定する法人・個人事業主のお客様のみ)

・クレジットカード

・Amazonギフト券

・「Amazonショッピングカード」

出品できるカテゴリー(許可なし) 書籍
文房具
オフィス用品
ミュージック
ホーム
&キッチン
ビデオ
DIY・工具
車用品
DVD
おもちゃ
&ホビー
PCソフト
スポーツ
&アウトドア
TVゲーム
ベビー
&マタニティ
エレクトロニクス
楽器
ドラッグストア
アパレル
シューズ
バッグ
コスメ
食品&飲料
ペット用品
書籍
文房具
オフィス用品
ミュージック
ホーム
&キッチン
ビデオ
DIY・工具
車用品
DVD
おもちゃ
&ホビー
PCソフト
スポーツ
&アウトドア
TVゲーム
ベビー
&マタニティ
エレクトロニクス
楽器
出品できるカテゴリー(要許可) 時計

ジュエリー

×

 

大口出品のみ販売可能なカテゴリー

下記のカテゴリーは小口出品では販売が出来ません。販売点数以前に以下のカテゴリーに属すす商品を販売する予定の場合には、はじめから大口出品で登録する必要があります。

・ドラッグストア
・アパレル
・シューズ
・コスメ
・食品&飲料
・ペット用品

販売予定数と出品するカテゴリーで決めよう!

上記の表からも分かるように、出品できるカテゴリーでも大口出品と小口出品で変わってきます。

Amazon販売が初めての場合に、新規商品※を登録して販売するケースは稀だと思いますので、販売する商品が決まっていない場合には、まずは中古本など扱いやすいものから始めるのがおすすめです。

その場合には、まず始めの基準として月に50点以上売れるかどうかを判断基準にするといいでしょう。

※新規商品とはAmazon内に商品ページが無い商品のことを指します。自分でカタログを作るイメージです。

 

関連記事

ゆうゆうメルカリ便ってなに?郵便局やコンビニから発送する方法を説明

メルカリの値下げ希望のコメント例文を公開します

ネットショップ開業 初心者が考えるべきこと

メルカリの購入後コメントの例文公開します

ネットショップを個人で開業するメリットとデメリット

らくらくメルカリ便ってなに?宅急便コンパクトの箱や日数についてもご紹介