メルカリで商品が売れない時の対処法(写真工夫編)

こんばんは。メルカリ歴4年のacoです。

自分の商品がなぜ売れないんだ?他の出品者と比べて何が劣っているんだろうと悩んだことはありませんか?

もしかするとこんな理由で売れないのかもしれません。少しの工夫で他の出品者よりも写真を目立つようにしてみましょう。

その商品、出品者がたくさんいませんか??

全く同じ商品が出品されている場合は、もちろん写真勝負です。

メルカリは出品時間順に一覧になるので(価格順など変更も出来ます)、写真を見て興味を持ったら、購入希望者がその商品のページをわざわざ開いて購入手続きをします。

もし購入者の立場だったらどうでしょうか?

例えば同じ商品が並んだ場合、どの商品を見よう、どの商品から買おうと思うでしょうか。写真をクリックされるためには写真と価格で決まってきます。

では、価格が同じものが多く出品されていたらどうでしょうか?

写真に文字を入れて、説明を加える

同じ商品が多く出品されている場合には、見た目で差をつける必要があります。

まずは商品ページを開いてもらわなくては購入されません。

写真に文字を入れると目立つので、ページを開かなくても、新品と分かるよう「新品未使用」と入れる、本なら「新品未読品」と入れるなど、他の出品者よりも一歩先をいくような写真で出品していると目立ちます。

同じ価格なら誰でも新品が欲しいですよね。

まったく同じ商品が並んでいる場合は、ユーザーから見た時に、パッと目を引く写真にすれば、他の出品者より一歩リードします。

代わり映えしない写真が並ぶなかで、どうやったら目に止まるかを考えると工夫がしやすいですよ。

発売日が決まっている商品は、発売日に出品するのが鉄則!!

例えば、付録が人気の雑誌などは、付録目当てで購入する方が多いので、本誌が不要となりメルカリにかなりの数が出品されています。このように発売日が決まっているものは、出来るだけ発売日に出品しましょう。

数日を経過すると、どんどん出品者が増えてきて売れなくなりますし、特にファッション誌のような毎月更新される流行りのものは翌月になると本誌はほとんど売れません。

CDやDVDなども、特典が欲しくて買ったけど、本品が不要になる場合などもありますよね。

売り切りたい時は、発売日にゲットして、不要なものをすぐに出品します。既に購入して手元にあるものであれば、発売日に出品しても大丈夫です。

それでは、次回はメルカリで売れない場合の対処法 第3弾をお伝えしますね。

メルカリで売れない時の対処法の第一弾はこちらから

メルカリ 売れない場合の対処法(写真撮影編)

 

関連記事

メルカリでトラブルになる前にキャンセルする方法(事例あり)

メルカリの専用ってなに?専用ページの暗黙のルールとは

メルカリ 売れない場合の対処法(写真撮影編)

ネットショップ開業 初心者が考えるべきこと

メルカリの発送方法を紹介(郵便局編)

ネットショップを個人で開業するメリットとデメリット